ホーム>ひな整体ブログ>ひな整体ブログ

ひな整体ブログ

1.29 瞬間エネルギーチャージ 『ウツシ®』体験会

★今、ヨーロッパ(ドイツ)の医療者たちにも認知され広まりつつあり、スポーツの分野では特に野球界で注目されている 最新手法 【FUCA-ウツシ®】を体験できるイベントです。

2017161723.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●1月29日(日) 14:30〜16:30(14:20 開場)

 

<前回参加者の感想>
・体が軽くなりました!
・元気になって良かった!
・背筋が伸びて、猫背の姿勢の方がツラく感じる。
・体の質が別のものに変わったような感じがします。
・2時間座っていても、首肩腰が痛くならなかったです!
・一見シンプルに見える施術ですが、すごく効果があることに驚きました!
・左足に力が全く入らなかったが、体験後力が入った!

 

……………………………………………………………………

 

天然・自然の原理を活用し、一瞬で能力を向上させる最新手法 【ウツシ®︎

 

ヨーロッパではドイツの医療者たちにも認知され広まりつつある最新の施術法で、スポーツの分野でもとくに野球界で注目され始めています。

 

 

そんなアスリート、医療者たちが注目する最新手法をあなたも体験してみませんか?

 

 

・一瞬でパフォーマンスをアップさせたい!
・首・肩・腰の不調を改善させたい!
・コア(体幹)をもっと強くしたい!
・自分の能力を100%発揮したい!

という方の参加をお待ちしております(*^^*)

 

+++++++++++++++

 

開催日 : 1月29日(日)
時間 : 体験会 14:30〜16:30(14:20 開場)
  (体験された方は、途中退出も可です。)
   懇親会 17:00~19:00
参加費 : 3,000円(2回目以降も6,000円でお受けいただけます。)
※2回目以降で、お友達をお連れいただいた場合は無料です。
※すでにひな整体に来ていただいている方も初回は3,000円でお受けいただけます。
会場:「アイ・スタジオ」(Aスタジオ)
https://www.iistudio.jp/access
東京都狛江市東和泉3-6-4泉プラザ1F&BF
TEL: 03-5761-2292(ひな整体)
mail: info@hinaseitai.com
定員:10名
持ち物:特にありません。
服装はスカートでない恰好か、もしくは替えのズボンをお持ちいただくと安心してお受けいただけます。(更衣室あり)

 

ウツシ®公式サイト
http://fuca-network.wixsite.com/fuca-uzshi/fuca-uzshi

 

 

【講師プロフィール】

大出 達也
(ひな整体院長・ウツシ手・上部頚椎カイロプラクター)

2003年国家資格あんまマッサージ指圧師免許取得。平島利文氏のもとで脳性まひ児のための自律神経指圧「押圧法」を、フィジカルトレーナー加納正剛氏のもとで「運動機能解剖学」に基づいたフィジカルトレーニングを学ぶ。その後 島崎広彦氏に師事し上部頚椎カイロプラクティックを習得。
さらに上部頚椎カイロ ニーチェストスタイルの日本第一人者 藤渕啓介氏から、天然・自然の原理を活用したまったく新しい手法〝FUCA-ウツシ®″を伝授される。
現在「ひな整体」院長として人々の楽しく健やかな毎日のサポートをするかたわら、楽器奏者のためのカラダづくりワークショップ「カラダリメイクアナトミー」の主宰としてカラダの効率的な使い方とカラダの仕組みに秘められた智慧を伝える活動をしている。

ひな整体
http://www.hinaseitai.com/

+++++++++++++++

【満員御礼】 第1回 ウツシ®︎体験会レポート

昨日、第1回目のFUCA-ウツシ®︎体験会が無事終了しました。

2016102592721.MOV

動画はこちら ↑ 
 
 
いや〜初めての体験会の企画だったので、かなり緊張しました^_^;
 
2016102592942.JPG
 
 
参加者のみなさんがあたたかい方ばかりで、和気あいあいとても柔らかい空気の中で進行することできました。
 
 
2016102592816.JPG
 
201610259291.PNG
 
⚫︎何かをされた感覚もないのですが、痛いと感じてたところが、だんだん氣にならなくなっていきました。
⚫︎全員がみんな同じような効果が出たことが、印象的でした!
⚫︎誰にでもすぐに違いが出るので、見た目でわかるので、面白かったです!
⚫︎全身のバランスが一瞬にして整った感じがして面白かったです。
⚫︎元氣になりました!超エネルギー⤵︎だったので。
⚫︎肩の痛みが楽になりました!
⚫︎とりあえず不思議です!でも自然エネルギーというのが、ナチュラルでしっくりきて、よくわからないけど納得してしまいました。
 
 
ウツシを受けて、
すぐに変化を感じる方もいれば、
「ん〜変わった氣がする。。」という感じの方もいらっしゃいました。
 
 
そんな方も、他の人が確実に変化していく姿を外から見たり、他の人の筋力の変化を実際に自分の手で確かめたてもらったりすると、自分に起きたことがようやく腑に落ちるようです。
 
 
やっぱり頭と身体の両方で納得していただけるって、大切ですね!
 
 
もっともっと腑に落としていだだけるように、次回さらに工夫せねば!
 
 
一緒に会を盛り上げてくださった参加者のみなさま、アイ・スタジオさんありがとうございました^_^
 
 
今後のウツシ®︎体験会の予定は、
⚫︎10月30日(日)  14:30〜16:30
 
⚫︎11月27日(日)   14:30〜16:30
 
です。
今回参加できなかった方も、少しでも興味がある方は、ぜひこの機会に体験してみてください。
 
体験会場でお待ちしてます(^ー^)ノ
 
 
 
詳しくはこちら♪
10月体験会
 
11月体験会
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

瞬間エネルギーチャージ【FUCA-ウツシ®】体験会 10.23(日)30(日)

螺旋(らせん)のチカラで、
あなた本来の能力を最大限に引き出す!!


★今、ヨーロッパ(ドイツ)の医療者たちにも認知され広まりつつあり、スポーツの分野では特に野球界で注目されている 最新手法 【FUCA-ウツシ®】を体験できるイベントです。

2016929122053.jpgのサムネイル画像
ドイツカイロプラクティック会議での発表&デモンストレーション

2016929123931.jpg
ドイツウツシ®セミナーの様子

瞬間エネルギーチャージ【FUCA-ウツシ®】体験会

●10月23日(日)、30日(日)
体験会 14:30〜16:30
懇親会 17:00~19:00
……………………………………………………
・一瞬でパフォーマンスをアップさせたい!
・首・肩・腰の不調を改善させたい!
・コア(体幹)をもっと強くしたい!
・自分の能力を100%発揮したい!


天然・自然の原理を活用し、一瞬で能力を向上させる最新手法【ウツシ®︎】。

ヨーロッパではドイツの医療者たちにも認知され広まりつつある最新の施術法で、スポーツの分野でもとくに野球界で注目され始めています。

そんなアスリート、医療者たちが注目する最新手法をあなたも体験してみませんか?

+++++++++++++++

開催日:10月23日(日)、30日(日)
※11月にも開催予定です。
時間: 体験会 14:30〜16:30
  (体験された方は、途中退出も可です。)
   懇親会 17:00~19:00(和泉多摩川 洋食屋ループを予定しております。)
料金: 2,000円(2回目以降も6,000円でお受けいただけます。)
※2回目以降で、お友達をお連れいただいた場合は無料です。
※ひな整体に来ていただいている方も初回は2,000円でお受けいただけます。
会場:「アイ・スタジオ」(Aスタジオ)
https://www.iistudio.jp/access
東京都狛江市東和泉3-6-4泉プラザ1F&BF
TEL: 03-5761-2292(ひな整体)
mail: info@hinaseitai.com
定員:10名
持ち物:特にありません。
服装はスカートでない恰好か、もしくは替えのズボンをお持ちいただくと安心してお受けいただけます。(更衣室あり)

ウツシ®公式サイト
http://fuca-network.wixsite.com/fuca-uzshi/fuca-uzshi


【術者プロフィール】

大出 達也
(ひな整体院長・ウツシ手・上部頚椎カイロプラクター)

2003年国家資格あんまマッサージ指圧師免許取得。平島利文氏のもとで脳性まひ児のための自律神経指圧「押圧法」を、フィジカルトレーナー加納正剛氏のもとで「運動機能解剖学」に基づいたフィジカルトレーニングを学ぶ。その後 島崎広彦氏に師事し上部頚椎カイロプラクティックを習得。
さらに上部頚椎カイロ ニーチェストスタイルの日本第一人者 藤渕啓介氏から、天然・自然の原理を活用したまったく新しい手法〝FUCA-ウツシ®″を伝授される。
現在「ひな整体」院長として人々の楽しく健やかな毎日のサポートをするかたわら、楽器奏者のためのカラダづくりワークショップ「カラダリメイクアナトミー」の主宰としてカラダの効率的な使い方とカラダの仕組みに秘められた智慧を伝える活動をしている。

ひな整体
http://www.hinaseitai.com/


+++++++++++++++

「ウツシ®︎研修」 最終日終了!

今月の18日、1年間にわたる高松での研修が終わり、晴れて



正式な『ウツシ手®︎』(FUCA-ウツシ®マスターのこと)となる事ができました!!

2016929121846.png
(左:創始者 藤渕啓介氏)


(片道10時間の高速バスもよく頑張った。。。感動


惜しみなく伝えてくださった師匠、先輩方、一緒に学んだ仲間たち、

美味しいお料理といろいろとお世話くださった師匠の奥様、

協力いただいたクライアントさん、友人たち、

そして何より応援してくれた家族に感謝です(*^◯^*)




これで、東京で【FUCA-ウツシ®】が受けられる所が、3カ所に!



谷田貝慎
Raise(レイズ)/東京都中央区


武藤清
Life UP Bliss/東京都新宿区


そして私。

大出達也
ひな整体 / 東京都狛江市




そして埼玉ですが、私の同期の保坂さん。
保坂太一
縁(えにし)/ 埼玉県加須市




ウツシ®は、実はここ2年でヨーロッパ(ドイツ)では急速な広まりを見せています。
2016929122053.jpg
ドイツカイロプラクティック会議での発表&デモンストレーション


発祥の国“日本”の方々にもっともっと
ウツシのすばらしさと可能性を体感していただきたいのです!!


ということで、、早速ですがウツシ®体験会を企画しました!!


詳細はこちら↓

螺旋(らせん)のチカラで、あなた本来の能力を最大限に引き出す!
●〇瞬間エネルギーチャージ 【FUCA-ウツシ®︎】 体験会●〇
10月23日(日)・30日(日) 


◎ウツシに興味がある、ウツシってなんなの?
◎一瞬でパフォーマンスをアップさせたい!
◎首・肩こり・腰痛を早く改善させたい!
◎コア(体幹)を強化したい!
◎自分の能力を最大限発揮したい!

という方は、ぜひこの機会に(^^♪

ウツシ®の詳しい説明はこちら
FUCA-ウツシ公式ホームページ

http://fuca-network.wixsite.com/fuca-uzshi/fuca-uzshi

ウツシ®研修 11日目(全12回)

先週土・日の高松でのウツシ®研修(11回目)の様子。

いよいよ来月で卒業となり、正式なウツシ手®となります!

<1日目>

9月にドイツでのウツシ®セミナーにて講師をされる1期生の

お二人から技術面・精神面等のアドバイスをいただくことができ、

気づきの多いとても濃い時間でした。
先輩方、お忙しい中ありがとうございました!

20168241883.PNG

2016824181016.PNG

201682418111.PNGのサムネイル画像

<2日目>

ウツシ®の根本原理である「天然・自然の原理原則」を体感する

ため、おとなり徳島県のブドウ農園で野外実習。

今回お邪魔した「三木ぶどう園さん」 は、30年以上も天然・自然の

理を活用した電子農法でぶどうを栽培されています。

土の下には何トンもの炭を埋設してあるため、畑に入ってみると

最高気温39度近い炎天下にもかかわらずとてもからっとしたさわ

やかな風が吹き込んでくる、これもビックリ!!

もちろん農薬も使っていないため、採ってその場でいただきました。

ぶどう独特の渋みがなく、さわやかな甘さで巨峰などの大きなぶど

うなのに皮ごと食べられてしまいます!

エネルギーの高い食べ物は、薬にもなる!

と実感できた野外実習でした。

2016824181322.JPG

2016824181446.JPG

201682418164.JPG

今回の研修でまたさらにパワーアップしたウツシ®をみなさんに提供

させていただきますので、お楽しみに(^^♪


ウツシ®の詳しい説明はこちら
FUCA-ウツシ公式ホームページ
http://fuca-network.wixsite.com/fuca-uzshi/fuca-uzshi

能力を引き出し、発揮するための施術『ウツシ®』

ここ最近、新たな手法の習得に取り組んでいる。

その名も『FUCA-ウツシ®』

 

201682418432.PNG



一言でいうと、
「人間が生まれながらに持っている能力を最大限に引き出し、
 発揮するための技法」





ある意味、理想的な手法である。



こんなことを謳っているものはたくさんあるが、


これは本物!


と直観した!!



興味のきっかけとなったのが、、

この動画↓
https://www.youtube.com/watch?v=or2S4j1q5Lw


衝撃でした!



首のある一点に、軽い刺激を素早く与えるだけで、

体幹が強くなる
軸ができる
今まで出せなかったパワー・バランス・自然な脱力・連動性が出せる
それによる柔軟性や回復力のアップ、もちろんケガの予防になる
そして首・肩・腰の痛みや不調の改善も!


しかも、ほんの一瞬の刺激でこれだけの能力を引き出し、発揮することができる。。



こんな理想的な手法を昨年の10月から学び始め、

もうじき(今年9月)習得予定です!


10月・11月くらいに、この新手法ウツシ®の体験会を開こうと思っています。
(決まり次第アップします!)


どんなことが起こるのか、今から楽しみです(^^♪


ウツシ®の詳しい説明はこちら
FUCA-ウツシ公式ホームページ
http://fuca-network.wixsite.com/fuca-uzshi/fuca-uzshi

足のアーチがカラダに与える影響に驚かされました!/カラダリメイク・アナトミーWS

カラダに“軸”ができると、響きが変わる!!


「もっと楽に演奏したい!」「ワンランク上の響きを実現させたい!」
楽器奏者のための
『カラダリメイク・アナトミー』 ワークショップ(第24回)
が無事終了しました。

2015121018345.jpg
今回はホルン奏者、声楽家、打楽器奏者の方々にご参加いただきました(^^♪


(受講者の感想)
●床と足とのすきまを感じたことがとても印象に残りました。
●「脱力」というのは言葉で理解できても、実際にカラダを脱力させる方法、感覚が身をもって体験できることはなかなかありません!
●実感して理解していけたのでとても分かりやすかったです。
●足のアーチがカラダに与える影響に驚かされました!
●足の偉大さにびっくりしました!


2015121018419.jpg



演奏の前の、楽器を持つ前のあなたのカラダの状態に着目したことはありますか?

2015121018459.jpg

この時のあなたのカラダは、何をしていますか?

この時のあなたのカラダは、どんな状態ですか?

実はこの時、音楽をする上でとーっても大切な、
“立つ”・“座る”という状態にあります。(「楽器の構え」の前の『カラダの構え』とも言えます。)


どのように立っているか?どのように座っているか?


このように聞かれると、多くの人が「姿勢を正す」「力を抜く(脱力)」
というようなことを思い浮かべるでしょう。

しかし「姿勢」も「脱力」も、
意識して正すものでも、意識して抜くものではありません。


超一流プレーヤーの姿が「まっすぐ」だったから
まっすぐにしろとか、

うまい人は肩が上がってないから、アンブシュアの力が自然に抜けているから、
肩を「下げろ」とか「もっとアゴ・口周りの力を抜いて」、
というのが伝統的で一般的なセオリーです。


これは、外見(形)を真似しているだけで、実は中身(機能的なカラダの働き)は真似できていません。(ということは、音色や響きの再現は難しいということです。。)


姿・形というのは、中で起こっていることの結果見える姿であって、中で起こっていることを分析し、理解し、そのうえで再現しなければ、上手くいかないどころか、けがや故障の原因にもなりかねませんし、上達の妨げになることが多々あります。

これを防ぐ方法は2つ。
教える側がカラダのことを学ぶか、自分でカラダのことを学ぶか。


先 生にお願い(要求)するのは難しいと思うので、自分で学んでしまった方がてっとり早い。しかも先生の言っている意味が良く深く理解できるようになるし、そ して言われたことをよりスムーズにできるようになります。(先生の言っていることが、カラダに(解剖学的に)無理のあることでない限りは。。)

そんなモヤモヤを感じている方は、ぜひ1度参加してみてはいかがでしょうか?
まったく新しい演奏(音楽)の形が見えてくるかもしれませんよ(^^♪


2015121018542.jpg
参加くださったみなさま、アイスタジオさん、ありがとうございました!



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

次回のカラダリメイク・アナトミーWSは、
12月26日(土)「肩は“足”で脱力する」
16:00~17:30 ワーク編
17:45~19:15 実践編
…………………………………………………………………………
この日は、ワークショップ終了後に望年会ビールを予定しております。
ワークショップにはまだ参加していないという方でも、カラダに興味がある方でしたら参加自由になっております!(^^)!

19:30~ 望年会ビール(望年会のみの参加も受け付けております♪)
場所:洋食屋“Loop(ループ)”(ココの唐揚げは絶品です!!)
http://tabelog.com/tokyo/A1326/A132603/13169557/



ワーク編:講義とワークで“楽器の鳴るカラダ”にリメイク!
実 践 編:ワーク編を受けた方のみ受講可能。実際に音を出してワークを実践、実感!


・楽なカラダで演奏したい!
・自然と脱力できるカラダをつくりたい!
・足と肩の関係を知りたい!



という方のご参加お待ちしてます(^∇^)/



12月以降のスケジュールはこちら♪
http://ameblo.jp/hinaseitai/entry-12092846337.html


2015121018633.jpg

2015121018711.jpg

2015121018741.jpg

皆さんの変化にびっくりしました!/カラダリメイク アナトミーWS

カラダに“軸”ができると、響きが変わる!!



「もっと楽に演奏したい!」「ワンランク上の響きを実現させたい!」
楽器奏者のための
『カラダリメイク・アナトミー』 ワークショップ(第24回)
が無事終了しました。
2015113019533.jpg

(受講者の感想)
⚫︎皆さんの変化にびっくりしました!
⚫︎心に響く音楽ってこういうことだなというのを実感しました。
⚫︎音の説得力、迷いのなさ、響きのふくよかさ、体の変化、すべてが驚くほど変化しました。
⚫︎一音目の抜け具合が全く違いました!
⚫︎次々と音が変化していくこと、呼吸の変化と共に響きが変化してゆくのが印象的でした!


2015113019739.JPG



2015113019857.jpg

今回は声楽家、ホルン奏者、チューバ奏者の方に参加いただきました(^-^)


『脱力』

音楽の世界だけでなくスポーツの世界でも、
永遠のテーマの一つではないでしょうか。


それを迷宮入りさせてしまっている大きな原因が、

・筋肉がカラダを支えているから→トレーニングする
・力を抜くことが脱力だから→意識して力を抜くよう努力する
・背中はまっすぐ伸ばした方が良いから→意識して姿勢を良くする
・カラダは柔らかい方が良いから→ストレッチで筋肉を伸ばす

というような、筋肉やカラダへの誤解。。



その誤解を解くためには??


どう動くのか?という視点ではなく

どう支えているのか?という新しい視点がとても大切です。

先生やあこがれのプレーヤーのカラダを見るときに、
そんな視点で見てみると、今までとは違った、
新しい世界が広がってくるかもしれませんね(^^)

支える機能解剖学、支える運動学
その研究をみなさんと共有する場が、カラダリメイクアナトミーWSです。

2015113019947.jpg
参加くださったみなさま、アイスタジオさん、ありがとうございました!



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

次回のカラダリメイク・アナトミーWSは、
12月9日(水) 「肩は“足”で脱力する」
19:00~20:30 ワーク編
(実践編は12月26日(土)に開催予定です。)

ワーク編:講義とワークで“楽器の鳴るカラダ”にリメイク!
実 践 編:ワーク編を受けた方のみ受講可能。実際に音を出してワークを実践、実感!


・楽なカラダで演奏したい!
・自然と脱力できるカラダをつくりたい!
・手首と呼吸の関係を知りたい!



という方のご参加お待ちしてます(^∇^)/



12月以降のスケジュールはこちら♪
http://ameblo.jp/hinaseitai/entry-12092846337.html



20151130191035.jpg
2015113019112.jpg
20151130191145.jpg
20151130191232.jpg

身体が楽になり、動きが変わったことに驚きです!/カラダリメイクアナトミーWS

カラダに“軸”ができると、響きが変わる!!


「もっと楽に演奏したい!」「ワンランク上の響きを実現させたい!」
楽器奏者のための
『カラダリメイク・アナトミー』 ワークショップ(第21回)
が無事終了しました。

2015112163653.JPG

(受講者の感想)
・身体が楽になり動きが変わったことに驚きです!
・カラダがすごく温かくなりました。
・自分で音色が変化したことを感じとることができて良かったです!
・分かっていると思っていたことも、細かくきちんと確認できたことで理解が深まりました。


今回は、打楽器奏者、太極拳の先生、指圧師の方々に参加いただきました(^-^)


『脱力』

音楽の世界だけでなくスポーツの世界でも、
永遠のテーマの一つではないでしょうか。


それを迷宮入りさせてしまっている大きな原因が、

・筋肉がカラダを支えているから→トレーニングする
・力を抜くことが脱力だから→意識して力を抜くよう努力する
・背中はまっすぐ伸ばした方が良いから→意識して姿勢を良くする
・カラダは柔らかい方が良いから→ストレッチで筋肉を伸ばす

というような、筋肉やカラダへの誤解。。



その誤解を解くためには??


どう動くのか?という視点ではなく

どう支えているのか?という新しい視点がとても大切です。

先生やあこがれのプレーヤーのカラダを見るときに、
そんな視点で見てみると、今までとは違った、
新しい世界が広がってくるかもしれませんね(^^)

支える機能解剖学、支える運動学
その研究をみなさんと共有する場が、カラダリメイクアナトミーWSです。


参加くださったみなさま、アイスタジオさん、ありがとうございました!


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

次回のカラダリメイク・アナトミーWSは、
11月11日(水)
19:00~20:30 ワーク編 「“手首”で呼吸を楽にする」
(実践編は11/28(土)に開催予定です)

ワーク編:講義とワークで“楽器の鳴るカラダ”にリメイク!
実 践 編:ワーク編を受けた方のみ受講可能。実際に音を出してワークを実践、実感!


・楽なカラダで演奏したい!
・自然と脱力できるカラダをつくりたい!
・手首と呼吸の関係を知りたい!



という方のご参加お待ちしてます(^∇^)/

詳細と11月以降のスケジュールはこちら♪
http://ameblo.jp/hinaseitai/entry-12040357384.html

2015112163845.JPG

2015112163955.JPG

201511216415.JPG

201511216427.JPG

呼吸が楽になるのがスゴイ!/カラダリメイク・アナトミーWS

カラダに“軸”ができると、響きが変わる!!



「もっと楽に演奏したい!」「ワンランク上の響きを実現させたい!」
楽器奏者のための
『カラダリメイク・アナトミー』 ワークショップ(第20回)
が無事終了しました。

201510817353.png

201510817530.JPG
(受講者の感想)
・指導に活かせそうだと実感しました!
・腕をバタバタするだけで、力が入り呼吸が楽になるのがスゴイ!
・カラダが温かくなりました。
・少しのことで、支えの感じが変わるのが不思議でした!
・重いものをもってみると、効果をより実感できました。
・文字が書きやすくなりました!


今回は、オーボエ奏者、ファゴット奏者、打楽器奏者、ボイストレーナーの方々に参加いただきました(^-^)


『脱力』

音楽の世界だけでなくスポーツの世界でも、
永遠のテーマの一つではないでしょうか。


それを迷宮入りさせてしまっている大きな原因が、

・筋肉がカラダを支えている→トレーニング
・力を抜くことが脱力だ→意識して力を抜くよう努力する
・背中はまっすぐ伸ばした方が良い→意識して姿勢を良くする
・カラダは柔らかい方が良い→ストレッチで筋肉を伸ばす

というような、筋肉やカラダへの誤解。。



その誤解を解くためには??


どう動くのか?という視点ではなく

どう支えているのか?という新しい視点がとても大切です。

先生やあこがれのプレーヤーのカラダを見るときに、
そんな視点で見てみると、今までとは違った、
新しい世界が広がってくるかもしれませんね(^^)

支える機能解剖学、支える運動学
その研究をみなさんと共有する場が、カラダリメイクアナトミーWSです。


参加くださったみなさま、アイスタジオさん、ありがとうございました!


「力をぬけ」と言われて無理やりに(意識的に)力を抜こうとすると、逆に力が抜けにくくなるという経験、ありませんか?


『カラダリメイク・アナトミー』ではとっても簡単なカラダへの働きかけによって意識することなく『脱力しちゃう』状態をつくります。もちろん、安定性と機能性をかねそなえた脱力ですよ!


あなたも『脱力できちゃう』カラダづくりしてみませんか?

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

次回のカラダリメイク・アナトミーWSは、
10月31日(土)
17:00~18:30 ワーク編 「“腕”で腰を楽にして息の支えをつくる」
19:00~20:30 実践編

ワーク編:講義とワークで“楽器の鳴るカラダ”にリメイク!
実 践 編:ワーク編を受けた方のみ受講可能。実際に音を出してワークを実践、実感!


・楽なカラダで演奏したい!
・自然と脱力できるカラダをつくりたい!
・腕と腰の関係を知りたい!



という方のご参加お待ちしてます(^∇^)/

詳細と11月以降のスケジュールはこちら♪
http://ameblo.jp/hinaseitai/entry-12040357384.html

 
2015108171319.JPG

201510817821.JPG

201510817122.JPG



 
ページ上部へ