ホーム>ひな整体ブログ>2015年5月

2015年5月

なんでカラダが楽になるのかが分かりました!/カラダリメイクWS

骨を知ることが脱力のコツ!
カラダの仕組みを知ると、音が豊かになる!

「もっと楽に演奏したい!」「ワンランク上の響きを実現させたい!」
楽器奏者のための
『カラダリメイク・アナトミー』
ワークショップ(第10回)が無事終了しました。



今回は、サックス奏者、クラリネット奏者、打楽器奏者の方々に参加いただきました。


テーマは、


「“腕”で腰を楽にして息の支えをつくる」


受講者の感想
・カラダの仕組みを知った上で効果的なワークをすることで解決することが沢山あるのだなと思いました!
・なんでカラダが楽になるのかが、ちゃんと分かりました!







腰を楽にする腕の使い方のヒントは、実は四足動物の名残にあります。

「上手く体重が乗るように腕を使ってあげること」で、
上半身だけでなく、全身の筋肉の緊張をかなり減らすことができます。


そのカギとなるのが、骨の『形』『仕組み』です!



参加くださった皆様、アイスタジオさんありがとうございました!


『骨に秘められた不思議な力』には、きちんとした仕組みと理由があり

それが『アナトミー(解剖学)』であり、再現性のカギになっています。


次回のカラダリメイク・アナトミーWSは、

5月23日(土)
17:00~18:30 ワーク編
19:00~20:30 実践編

ワーク編:講義とワークで“楽器の鳴るカラダ”にリメイク!
実 践 編:ワーク編を受けた方のみ受講可能。実際に音を出してワークを実践、実感!


テーマは 「“腕”で腰を楽にして息の支えをつくる」 で行いますので、

・楽なカラダで演奏したい!
・もっと呼吸をスムーズにしたい!
・腕と腰の関係を知りたい!



という方は、是非ご参加ください。

詳細と5月以降のスケジュールはこちら♪
http://ameblo.jp/hinaseitai/entry-11996956358.html

アゴ・首をより楽に使いたい/カラダリメイク・プライベートレッスン

今日は、ホルン奏者の方のプライベートレッスンでした。

「アゴ辺りの疲れから頭痛につながることがある」

というお悩み。


アゴから側頭部の緊張は、目の使い方からきているケースが多々あります。長時間のパソコン作業・長時間のスマホ使用の方にも多く見られるケースです。


目の疲れ(緊張)は首の深部の緊張を生み、結果的にアゴ・頭の緊張につながります。

そこで今回は、

たった1分間の『視点ワーク』で、背中の筋肉とアゴの筋肉の緊張がスーッと抜けるのを体感していただきました。








「後ろ側の筋肉全体がスーッと伸びていく感じがわかりました!」


という嬉しい感想をいただきました(^_^)



今回は特別にもう1テーマ、

「支点を作らない座り方」

についてお話&ワークをしました。


カラダのどこかを意識する(支点を作る)ことで筋肉の緊張を生み、それがスムーズな息の流れを妨げてしまっています。

それを順を追ってカラダを作っていくことで、「局所への意識での固定」から、最終的に「連動性と支えのある脱力(揺らぎ)」のカラダへと変化させていきます。

イメージ力とカラダの仕組みが合わさると、想像もしないような面白い 化学反応 がカラダの中にたくさん起こります!
それこそが、まだまだ私たちが使っていない潜在能力(眠った仕組み)の一部なのだと思います。

在るけどただ知らないだけで使っていないだけなのだと、ワークをお伝えし誰でもできるのを見て日々実感しています(^-^)

『カラダリメイク・アナトミー』ワークショップまたはプライベートレッスンでは、
そんな カラダの化学反応 を体感いただけます!

5月・6月ワークショップスケジュール♪
http://ameblo.jp/hinaseitai/entry-11996956358.html


プライベートレッスンのご案内♪
http://ameblo.jp/hinaseitai/entry-11965740220.html
ページ上部へ