ホーム>ひな整体ブログ>2015年10月

2015年10月

呼吸が楽になるのがスゴイ!/カラダリメイク・アナトミーWS

カラダに“軸”ができると、響きが変わる!!



「もっと楽に演奏したい!」「ワンランク上の響きを実現させたい!」
楽器奏者のための
『カラダリメイク・アナトミー』 ワークショップ(第20回)
が無事終了しました。

201510817353.png

201510817530.JPG
(受講者の感想)
・指導に活かせそうだと実感しました!
・腕をバタバタするだけで、力が入り呼吸が楽になるのがスゴイ!
・カラダが温かくなりました。
・少しのことで、支えの感じが変わるのが不思議でした!
・重いものをもってみると、効果をより実感できました。
・文字が書きやすくなりました!


今回は、オーボエ奏者、ファゴット奏者、打楽器奏者、ボイストレーナーの方々に参加いただきました(^-^)


『脱力』

音楽の世界だけでなくスポーツの世界でも、
永遠のテーマの一つではないでしょうか。


それを迷宮入りさせてしまっている大きな原因が、

・筋肉がカラダを支えている→トレーニング
・力を抜くことが脱力だ→意識して力を抜くよう努力する
・背中はまっすぐ伸ばした方が良い→意識して姿勢を良くする
・カラダは柔らかい方が良い→ストレッチで筋肉を伸ばす

というような、筋肉やカラダへの誤解。。



その誤解を解くためには??


どう動くのか?という視点ではなく

どう支えているのか?という新しい視点がとても大切です。

先生やあこがれのプレーヤーのカラダを見るときに、
そんな視点で見てみると、今までとは違った、
新しい世界が広がってくるかもしれませんね(^^)

支える機能解剖学、支える運動学
その研究をみなさんと共有する場が、カラダリメイクアナトミーWSです。


参加くださったみなさま、アイスタジオさん、ありがとうございました!


「力をぬけ」と言われて無理やりに(意識的に)力を抜こうとすると、逆に力が抜けにくくなるという経験、ありませんか?


『カラダリメイク・アナトミー』ではとっても簡単なカラダへの働きかけによって意識することなく『脱力しちゃう』状態をつくります。もちろん、安定性と機能性をかねそなえた脱力ですよ!


あなたも『脱力できちゃう』カラダづくりしてみませんか?

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

次回のカラダリメイク・アナトミーWSは、
10月31日(土)
17:00~18:30 ワーク編 「“腕”で腰を楽にして息の支えをつくる」
19:00~20:30 実践編

ワーク編:講義とワークで“楽器の鳴るカラダ”にリメイク!
実 践 編:ワーク編を受けた方のみ受講可能。実際に音を出してワークを実践、実感!


・楽なカラダで演奏したい!
・自然と脱力できるカラダをつくりたい!
・腕と腰の関係を知りたい!



という方のご参加お待ちしてます(^∇^)/

詳細と11月以降のスケジュールはこちら♪
http://ameblo.jp/hinaseitai/entry-12040357384.html

 
2015108171319.JPG

201510817821.JPG

201510817122.JPG



 
ページ上部へ